最先端テクノロジーが生み出す自由自在な金属加工
山口製作所の基本事業は、金属プレス金型の設計・製作とその製品化です。
製品造りには欠かせない各種プレス金型製作から、新しいテクノロジーを駆使したインテリジェント複合加工機(5軸加工が可能)まで、設計段階からおまかせいただけます。少量多品種生産にも対応いたします。経験豊かなスタッフの技術と最新鋭の設備で、お客様の多様なニーズにお応えいたします。
金型製作
金型打合せに始まり、3Dプリンター・3DCAD・CAMを駆使した金型設計、高精度なワイヤーカットやNC加工機などで金型パーツ製作。耐久が高く、使い勝手の良い金型で顧客満足を常に考えおります。また12t~200tまでのプレス加工が可能で多品種少量生産から量産の金型試験までを実現する体制を整えております。ベテランの経験、良い物を作るという想いのもと、全社員が協力し、金型の製作に取り組んでいます。
また、部品加工にも力を入れています。金型加工で培った技術を部品加工にも活用しています。精度はもちろんのこと、品質安定性にも絶対の自信を持っています。高品質、短納期、低コストはもちろんのこと、可能な限り即対応を心掛けております。
DSCF3662
インテリジェント複合加工
NC旋盤とマシニングセンターの融合したインテリジェント複合加工機により、5軸加工を行います。1回の加工で済むため、従来の加工方法に比べて精度がアップし、加工時間も短縮することが可能です。加工例としては、自動車エンジンのクランクシャフト、プロペラ、スクリューなどが挙げられます。
IMGP4897
マシニングセンター
新発想「温度変化を受け入れる」という考え方、サーモフレンドリーコンセプトによる立形マシニングセンター。高速・高精度で、3D加工を行います。
MB66VA(B)mini
3Dプリンター
金属プレス金型を設計する際には3次元CADを使用しますが、3Dプリンターで立体造形された現物があることで、より形状がリアルになり、2次元では見えなかったことが見えるようになります。結果として、工程設計の精度アップ(間違いの減少)、工期短縮につながります。
ワイヤー加工
金属を放電によって細かく破壊し、切断していく加工方法です。
薄くて切削では加工出来ない物も容易に加工することができます。
合計4台のワイヤー加工機を駆使して金型部品、精密部品の加工を行っております。
細穴放電も設備されていますので、熱処理された物でも加工可能です。
2957Hb(H-6129)mini
レーザー加工
レーザー光を焦点へ集光させることでエネルギー密度を高め、焦点付近で切断を行う設備です。
金型の試作(ブランクトライ)からデザインカット、デザイン刻印(レーザー加工のケガキで黒く塗りつぶす)まで幅広く対応しております。ロゴや、イラスト等のデータ作成も承りますので、手描きの簡単なイラストでも大丈夫です。
IMGP4891